モンスターハンターフロンティアの背後にある伝承

モンスターハンターは、プレイステーション2で最も人気のあるロールプレイングゲームの1つです。2004年にリリースされました。史上最もプレイされたゲームの1つでした。エキサイティングなゲームプレイとアクション満載のテーマは別として、モンスターハンターフロンティアは、魔法、アクション、神話上の生き物が存在するエキサイティングな領域にプレイヤーを巻き込む伝承に触発されています。

あなたがこのゲームのファンであり、それをよりよく理解したいのであれば、ここにモンスターハンターフロンティアのファンタジーの世界をナビゲートするのに役立つクイックガイドがあります。 

モンスターハンターの内部では、プレイヤーは旧世界と新世界と呼ばれる2つの地域に入り、そこで冒険を始めます。これらの領域内には、5つの神話上のドラゴンが存在し、文明は魔法の飛行機での永遠の存在に気づかずに繁栄します。 

住民が自分たちの存在に気づいたとき、時が経ち、ドラゴンは古代の魔法を使って水と空を想起させました。最終的に、ドラゴンは彼らの存在を抑制し、土地、山、森、湖、そしてサファイアの星になりました。 

モンスターハンターの物語では、魔法の獣が世界の創造に大きな役割を果たしています。彼らは場所から場所へと歩き回り、彼らの存在の目的を探します。 

ゲーム内の文明はワイベリア人や他の種族と呼ばれ、日々の生活を維持するために高度な技術を投入しています。理由は不明ですが、ワイベリア人は突然姿を消し、遺物と遺物だけを残しました。廃墟では、忘れられていた品物が瓦礫の中に埋もれており、ワイベリア人の秘密を解き明かすことができます。 

モンスターは、要塞や一枚岩の塔を建てるために使用されたため、古代文明の重要な部分でした。彼らは実験のためにモンスターを使用し、戦争に使用する強力な武器を作成しました。 

彼らの権力と革新への欲望のために、古代文明は傲慢になり、生命そのものを創造しようとしました。彼らは非常に強力な生き物を作成したので、その強さは宇宙を作った古代のドラゴンと同等でした。 

彼らが作成したモンスターの武器は、イコールドラゴンウェポンまたはワイバーンマシンソルジャーとしても知られています。この生き物は、鎮圧するために30の成長したドラゴンを必要とする悪質なドラゴンです。 

このクリーチャーの制御不能な力のために、それは他のクリーチャーとの不均衡を引き起こしていました。イコールドラゴンウェポンは、その力を利用して、取り返しのつかないダメージを与える生物学的怪物を解き放つことを目指しました。 

大竜戦争にドラゴン

突入魔法の領域を創造したエルダーは強力で、人類を絶滅に追いやろうとしました。領域を浄化するために、ドラゴンは人間とドラゴンの間の戦争を解き放ち、死と破壊をいたるところに残すことに決めました。 

ドラゴンの後、文明の残骸は地球の表面から排除され、将来のハンターは彼らの前任者の古代の秘密をどこで発掘するかについて無知なままになりました。森の最深部に住む邪悪なドラゴンと呼ばれる古代の生き物が、過去に起こったことのすべての秘密を知っていることを彼らはほとんど知りませんでした。

ゲーム

Posted by hinami